スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルミラ先行上映の感想

20090527

昨日の舞台挨拶の様子について、たくさんのご訪問ありがとうございます!
常に過疎ブログだったので、訪問数の激増や拍手に、嬉しいやら申し訳ないやら思っております

ここでは映画自体の感想を書きたいと思います
ネタバレにならないよう気をつけますが、気にされる方は読まないようにお願いいたします


前評判ではものすごくハチャメチャな陽人と、何を起こすか解らない監督、そして衝撃のラスト(!?)というものに、賛否両論あったようですが・・

私が見たサイトでは
「監督の頭の中が理解できない、もう一度見たい」とかいう意見もあって
どれほど変わってるんだろうと少し心配に思ってました

でも、私は
ラスト泣きました(私には珍しいこと)

号泣とかじゃない、なぜかハッキリしないままにポロポロ涙が止まらない感じでした

全編に横浜聡子監督の愛が溢れていると感じました

陽人の何にも縛られない自由な振る舞い、
体は成人なのに子どもみたいに周囲を気にしない態度を取ってしまう
結果、皆が迷惑するんだけど、憎めない
仕方ないよ、って感じで皆が陽人を大好きなところ

それを取り巻く幼稚園児たち、
子どもならではの残酷なセリフ、遊びの延長で危険なことも危険と感じずにやってしまう
それでもなついてくる、そこが子ども達の愛情表現でもあるんだよね

私も育児をしていると、時々「問題児」と言われる子が出てきたりして
子も、親も、困らされることがあったの

でも、慣れた先生達は
「(言うこと)きかない子ほどかわいいんですよ」と言ってた
当時はその意味が解らなかったけど
今、子育てに余裕が出てきて、地域の子にまで目を配れるようになると
解ったような気がする

その言葉が上映中ずっと頭の中にあった

横浜監督は変な意味で変わってるんじゃなくて
大人なのに、子どもの思考が出来る人なんだと思う
私は1つ1つの場面でちゃんと意味も繋がりも理解していくことが出来たよ
津軽弁でも!なんとなくのニュアンスは伝わったよ

だから、あのラストはあれでいいんだと思う
そこにまた、町子先生の子ども達への愛や、
陽人の全ての生命に対する愛も含まれる気がする

「こういう生き方をしてみたい」
と紹介したケンイチ君のコメントに激しく共感しました

うちの子ども達にもいつか見せたいと思いました

コメント

Re: うんうん

そうだね、この熱さをね!
陽人を見て、
熱いのは母達だけじゃないハズ!!!

Re: タイトルなし

側転!!!
いいですね~~♪
でも今の私に出来るのか、激しく不安ですけれど・・・
気持ちさえあれば出来そうな気がする・・・!?
陽人最強~~~!!!

ああ~
そうですねー
うん、子供にいつか見せたい

命とか愛とかそんなんを
ジワジワと見せながら最後に衝撃を与えて脳に根付かせてくれた
みたいな、そんな感じがしています

とにかく!!!!
もっと観たい何回でも観たい!!!!
陽人最強ーーーーー!!!!!

と叫びながら側転したいです

うんうん

こどもに観せたいって思たー
とくにうちの冷め切った娘に。(笑
ひとを好きになるってこんなにすごいんだぞ!っと。
いまは意味わがんねくても、
ふと思い出してくれる映画になるといーなー
と思とりまっくす。うむ。
非公開コメント
Counter
   
アルバムを作る全ての素材を見る
blogram投票ボタン
Profile

29☆☆

Author:29☆☆
・出身:東京
・得意技:hula。
即興で描けるキモイラスト。
・好きな物:松山ケンイチ君。
但し現在の色ボケケンは除く。
ハイキングウォーキングQちゃん。
マッチョ(ゴリ可)。
ロン毛の男性(なんとなく)。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
あわせて読んDE!
天気予HO!

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロともSAN!

松山さんへの甘辛DAYS

みのりんご

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。